妊娠〜出産までに役立つアロマオイルと【イラ】の出産時のマッサージにおすすめコスメ。

みなさまこんにちは。2月に入り気温の温度差が激しい日がありますが、体調はいかがでしょうか?インフルエンザの感染も今ピークを迎えているようなので、マスクとうがい、手洗い、こまめな水分補給で予防に努めましょう。

本日は妊娠が分かったその日から、大切な赤ちゃんに出会う瞬間までに役立つアロマオイルと、出産時にマッサージオイルとして役立つ【イラ】のオススメプロダクト、ボディ オイル インピースのお話です。

古代から健康と美容に重宝されてきた精油と、ヨーロッパで自然療法として始まったアロマセラピーは現在、医学的にも科学的にも立証が進み、医療機関でも使用され注目されるようになりました。妊娠から出産、産後までのさまざまな症状とトラブルに大きな効果が期待できるアロマテラピーには、驚くべき安産効果があります。中世ヨーロッパでは、出産時にお産婆さん達が薬草を煎じて使っていたそうで、その香りは陣痛の痛みや促進に効いたそうです。

妊娠中、ホルモンバランスの変化から様々な体調のトラブルが起こり、心身ともにバランスを崩しやすい時期ですが、お薬を使うことに抵抗を感じる場合にはアロマテラピーは心強い味方となります。

しかし副作用が少ないアロマセラピーですが、身体も心も繊細になっている妊娠中には、″使用していい香り″・″控えるべき香り″というものが細かくあり、妊娠初期の方は特に気をつけた方がいい精油が多いのも事実ですので、妊娠中期からのご使用をおすすめいたします。また、使用する際には、100%天然由来の精油を使用することが大切になります。

それでは妊娠中に役立つアロマオイルからご紹介。
〜ツワリで気持ち悪い時に〜
◇オレンジ(胃を整える、消化促進・食欲増進作用)
◇グレープフルーツ(消化器の流れを促す)
◇レモン(胃を強くし、リフレッシュさせる)
・・・柑橘系に多く含まれる「リモネン」という成分には、消化器や内分泌腺の働きを助ける作用があり、ツワリによる吐き気や気持ち悪さを和らげます。
匂いを嗅いでたった1分で血液中にその成分が吸収され、瞬時に体に働きかける事ができるので、突然の気分の悪さにもハンカチやコットンに精油を1〜2滴ササッとたらし、香ってみましょう。

〜足のつり・こむらがえりに〜
◇ラベンダー(けいれんを鎮める作用や鎮静作用)
◇ペパーミント(筋肉のほてりを冷ます作用や鎮痛作用)
◇ローズマリーカンファー(筋肉の疲労緩和に)
・・・3つに精油を1滴づつキャリアオイルにブレンドしマッサージオイルをつくり、下肢に塗布しマッサージすると効果的。

〜陣痛の始まり〜
分娩促進や痛みを緩和する効果のある精油を。
◇クラリセージ(分娩促進や痛みを緩和する)
◇ジュニパーベリー(老廃物の排出を促し、分娩を促進する作用)
◇パルマローザ(気持ちを明るくし、ポジティブな出産に)

〜痛みが強くなってきたら~
鎮静効果の強いこの3種をプラス。
◇ラベンダー(鎮痛・鎮静作用から心を落ち着かせ痛みの緩和に)
◇ローズ(キツイ痛みを和らげたい時に)
◇イランイラン(鎮静作用と痛みを和らげる作用)

〜陣痛が弱いときに〜
子宮収縮作用のある精油を。
◇ジャスミン(子宮の収縮を促し、スムーズな分娩に)
◇ゼラニウム(ゼラニウムには、分娩促進作用と痛みの緩和を促す作用)
※この2つの精油は妊娠初期から出産直前までは禁忌のオイルなので注意が必要です。

〜赤ちゃんが出てくる直前〜
会陰が裂けないように、出産後の会陰の治癒が早くなるように。
◇キャリアオイルにティートリーを入れたオイルをたっぷりと塗り込みことで、会陰の伸びがとてもよくなり、切開も回避できます。

〜出産後〜
◇サンダルウッド(眠りたい時に・神経の緊張を和らげます)
◇フランキンセンス(呼吸が浅い時に・動揺を沈めて平常心を取り戻す)

〜使用方法〜
・ハンカチやコットンなどに数滴を含ませ、陣痛の合間に嗅ぐ方法。簡単にでき、香りも数種類を使い分けられ便利です。
・芳香浴。アロマポットやアロマライト、アロマディフューザーなどを使いお部屋全体に香りを充満させる方法。
・精油は、高濃度に植物の成分を抽出したオイルですので、間違った使い方や量を使うと危険を伴うことがあるので注意しましょう。
・マッサージオイルを作る場合はキャリアオイル(スイートアーモンドオイルやホホバオイル)で精油を希釈します。精油の濃度が1.0%以下になるようにしてください。25mlのキャリアオイルに対しては、精油一滴が0.05mlなので4~5滴程度になります。敏感肌の方は、さらに濃度を0.5%ぐらいに薄くしてください。

出産時、分娩を促し、痛みを和らげ、心を落ち着かせたい時に役立つイラのボディオイル。

〜インピースコレクション〜ボディ オイル インピース 100ml 9,720円(税込)
神秘的で甘い香りを持つジャスミンは子宮の収縮を助け、分娩を促します。分娩が進み痛みが強くなってきた時には、痛みの緩和作用を持つイランイランがサポートし、緊張して固くなった心と体をサンダルウッドの香りがほぐします。
そのままマッサージオイルとして、腰や背中あたりに塗布し、揉み込んでください。

出産時には何が起こるか分からず、痛みも人によってそれぞれ違い、アロマオイルを使う余裕などなかったという方も大勢いらっしゃると思いますが、一つの命が誕生する特別な瞬間に、少しでも体と心のサポートができれば、と思いご紹介させていただきました。
出産が素晴らしい体験になりますように♡